【スポンサードリンク】

夏の妊婦と冬の妊婦を体験してみて

第一子の誕生日が10月、第二子の誕生日予定が4月と、季節が全く真逆。つまり小さいお洋服のお下がりは全然使い回しができなそうなんだけど・・
夏の妊婦と冬の妊婦をやってみての感想です。

服装

夏の方が楽だった。
冬は着られる服がそもそも少ない。買えばいいんだけど。
夏はたくさん持っているワンピースをどれでもダボっと着ればそれでOKだったけど、冬は寒いのでそんなわけにもいかない。
ワンピースに妊婦用タイツの組み合わせだと寒くて、タイツと靴下とズボンをメインの組み合わせにしてた。家にいるときはもこもこいっぱい着ればいいけど会社に履いていけるズボンは1本しかなかったのが辛かった。かといって買い足すのももったいないし・・お腹が大きくなると短いセーターはつんつるてんになっちゃうから、着れるセーターがどんどん少なくなってきて、ほとんどおんなじ服装。
夏に買ったのはマタニティ用のズボン1本これは冬も愛用した。
冬に買ったのはマタニティ用のタイツ2本、毎日毎日ローテーションで履き潰した。

腹帯

服装にも関連するけど、腹帯夏の方が実はちゃんとしてた。初産だったから。
冬は2人目だったこともあったけど、1日しか腹帯しなかったな。
夏の腹帯大変でしょ、と言われたけどぐるぐる巻くやつだったら夏でも冬でも面倒。どっちの季節が先でも2人目はしなかった気がする。
f:id:ayapc:20190209083921j:plain

周囲の反応

冬の妊婦は圧倒的にお腹が出ていることに気づかれない。
全然お腹出てないからわからなかったーと大体いわれる。
おそらく8ヶ月の時点でも会社の男性は半分くらい気づいていないのではないかという感じ。
電車に乗っていても前回妊娠中は3回くらい席譲ってもらったことあったけど、今回は1回もないから多分コートとかモコモコしているのもあってこの人は妊婦だってわからないんだろうな。

肌トラブル

夏は汗疹、冬はカサカサ。
両方ともお腹周りの話。カサカサはクリーム塗ればなんとかなるけど、汗疹の痒いのはなかなか良くならなくて辛かった。だからってお腹冷やして寝たらダメだしね。
お腹以外の顔とかは妊娠中すごく調子が良くなったので、体質なのか嬉しいこと。続けばいいのに。

運動

冬はこれが困った。
寒くてそもそも外に行きたくない。だけど家にいたままだと体力が落ちそうで怖い。仕事がほぼ在宅になってからは一日の歩数が150歩なんてことも・・
夏はプール行ったり出かけたり結構精力的に動いていたのに、これは季節じゃなくて年とったからか?

総括すると妊婦生活は個人的には冬を越える妊婦よりも夏の妊婦の方が楽な気がする。
でもいつ産まれてくるかなんてコントロールするのは難しい。
産まれてからは新生児には冬は寒いしどっちがいいのかわからないけど両方の季節を体験させてもらえて楽しい妊娠生活を送れました。

【スポンサードリンク】