【スポンサードリンク】

ニキビを本気で治したいと思って皮膚科に行ったら治った

生理前になると毎回悩まされてきたひどいニキビ。治らないうちにまた次の生理周期を迎えてどんどん顔にニキビが蓄積されていく感じ。
見かねた旦那に皮膚科に行って来なよと言われたのをきっかけに皮膚科を受診することに。半年ほど前にも皮膚科に入ったもののあまり良くならなかったり薬塗るのが面倒でやめちゃった過去がある。

f:id:ayapc:20180624235336j:plain

今回は生理終わった直後くらいのかなりにきびがひどい状態で受診。にきびが腫れてて顔がちょっと痛いくらい。右のほっぺとアゴあたりに青春と呼ぶには遅過ぎる中年差し掛かった肌に化粧でも隠せないくらいの大きな膿うみのにきび。
皮膚科にいって無愛想なおじさん先生に見てもらう「これはかなり痛いでしょ」と言われ、前回なんで薬使い切らなかったの?とかちょっと詰められ、飲み薬と漢方と塗り薬を処方してもらった。
処方してもらった薬はこちら
  • ビブラマイシン錠
  • エピデュオゲル
  • 十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)
1個目のやつは痛いでしょ?と言われて即効性があるのか14日分出して貰ったもの。他の2つ、漢方と塗り薬はいまでも使い続けている。
2週間で飲み薬が終わった頃にはだいぶ皮膚の状態が落ち着いてきて出っ張りが目立たなくなってきた。鬼門だった生理周期に差し掛かってもなんと新たな大きなニキビは出現せず。つまりかなりの確率でニキビ退治に成功したみたいな感覚。
塗り薬と漢方どちらが体に合っているのかわからないが、とりあえずはまだ手元に薬が十分にあるので続けてみる。
旦那には「いままでで一番肌が綺麗」と言われてやっぱり嬉しい。好きでニキビ作っているわけじゃないからね。「俺が皮膚科勧めてよかったでしょ」って恩着せがましく言われるけどやっぱり嬉しい。
 
先生には「使い続けたら絶対良くなるから」と言われた。絶対って言ったな!とその言葉を頼りにこのまま使い続けて綺麗にしてやるー。

【スポンサードリンク】