【スポンサードリンク】

KLアロー通りオススメのお店はミッキーの看板が目印

夜ご飯は連日アロー通りへ。メトロのBUKIT BINTANG駅が最寄り。BUKIT BINTANGの駅から歩いて5分くらい歩くと程なく到着。
 
ちなみにガイドブックに載っていたジャラン・インビにも行って見ましたが、お店の規模が違って全然盛り上がっていなかったのでこちらは見に行かなくても全く問題ないです。

f:id:ayapc:20180416224530j:plain

 
アロー通りを入るとドリアンを売っているお店やおでんみたいな練り物を串に刺して売っているお店など短い路地の左右に屋台が立ち並ぶ。果物やデザートを打っているようなところからしっかりご飯を食べられるところまで。
きらびやかな看板が並んでどこで食べようか悩むところ。
ツアーに行った時の地元のガイドさんが路地の一番終点のお店が一番美味しい、ミッキーの看板が付いているお店があるよ。と教えてくれたので早速そこにいくことに。
ちょっと不安になる程歩いて最後の方にやっと偽物っぽいミッキーの絵が描いてあるお店が出てくる。全部で3件ほどのレンガ並んでいるお店。20時くらいに行ったら結構店は満席。待っていても定員さんは案内してくれないので空いたところにさっと座って片付けてもらうのを待つ。
片付け係と注文聞く人サーブする人など役割が店員さんによって違うみたい。
 
メニューはどれも写真がついていて英語が書かれているので問題なく注文できる。ご飯ものは1人前2人前などサイズ違いで注文できる。
 
食べたのはこんな感じ
・エビの炒めたもの
・シーフード炒飯
・葉っぱの炒めたもの
・イカの炒めたの
・ミーゴレン
・サテー
・鳥手羽みたいなやつ
 
1日目シーフード炒飯が美味しくってマレーシアで食べた料理があまり口に合わなかった旦那も大満足、明日もココがいい!ということで連日通って2日連続シーフード炒飯を注文。どの料理を頼んでもハズレなく美味しかったです。
 
完全に屋外ではあるが、気持ち良く食べることができた。なんと子供用の椅子も用意してくれた。何度も物売りの人がきて光るおもちゃやカゴや大きな時計を勧めてくる。雨が降った後はすかさず傘を売りに来ていた。中国語で歌ってお金をもらっている女の子なんかもいて、意外と観光客より地元の人がいるのかなという印象。
 
ビールも瓶で頼んだが、マレーシアはイスラム教の人が多いからか税金が高いのか総じてアルコールが高い!瓶で頼んで20RM、大体600円くらい。
食事はビールも含めて大人2人と赤ちゃんでおなかいっぱい食べて100RMぐらい。大体3000円くらい。とっても満足度の高いご飯でした。
時間に余裕があれば是非なんちゃってミッキーの看板を目指して見てください。
 
 
 

【スポンサードリンク】