【スポンサードリンク】

友人を紹介するおせっかいを図る3つのポイント

年齢もだんだん30に近づき、そろそろ既婚者の友人が大多数となってきた。その中ですごくいい子なんだけど、なぜかタイミングが良くないのか出会いがないという子も一定数いる。
その人とデートしたり付き合ったりしたことがあるわけではないので、友人付き合いとしての感想にはなってしまうが、付き合ったらすごく楽しいだろうなと思う。

f:id:ayapc:20180326210122j:plain

 
そんな彼や彼女に紹介を頼まれたら、どうしようという話。紹介できる人ってなかなかいないんだ、これが、なんでだろう。
 
よく友人の紹介で付き合ったという人がいるがあれは都市伝説なのか、いいやり方があるのか、やっぱり合コンなのか。
合コンだったら人数あわせればいいだけなんだけど、1対1で紹介だから難しいのかな。
 
この度そんな苦悩を乗り越えて1対1の紹介を実現、うまく行くといいな。
人材紹介の場合色々条件はあるにしても職種、給与、休み希望この3つがクリアできれば大体いい転職が実現できる。
男女の紹介はどんな条件が必要なんだろう。今回のマッチングの条件はこんな感じ。
恐らくもうちょっと深い階層での条件マッチが必要なんだろうけどサンプルが少なすぎる。
 
・年齢
お互いの年齢がちょうどよく男性が4つ上という具合に収まっている、4つくらいなら逆でもいいかもしれないが、今回は男性が上バージョン。ちょうどいい。
 
・ニーズ
双方に結婚というゴールを意識している。結婚したいというセリフを双方から聞くことがあり、30前の女子や35手前の男子に無駄なお遊び期間を過ごさせる危険性が少ない。
学生だったら学生でお互いに彼氏彼女が欲しいという場合にも条件マッチングしているのでOK。
 
・一般受け
会社などへの人材紹介と一緒でこの人が面接にいって1次面接通るかどうかっていうのはだいたいちょっと話をするとわかってくる。その面では容姿を含めてのフィルターになってしまっているかもしれないが、双方が1次面接通るキャラだというのも大きい。
 
そんな妙齢男女の紹介の機会、うまく行くといいな、うまくいかなくても楽しいといいな。
恋愛ってなると好きになるかどうかってその人その人次第だから難しい。お見合いだったらこれでうまくいくのかな。
 

【スポンサードリンク】