新米ママ・アヤポコの雑記

【スポンサードリンク】

はがきデザインキットで年賀状を作った

年賀状、作りましたか? 今年は自宅にプリンターがきたのでおうちプリントにすることにしました。

macで使える年賀状作りのフリーソフトを探して日本郵便が発行元の「はがきデザインキットキット」を使うことにしました。 はがきデザインキットのインストール サイトからインストールできるインストール版とブラウザで使えるブラウザ版があります。今回はインストール版で使うことにしました。

Adobe AIRを一緒に入れてね、と書いてあって以下のような記載があります。

Mac OSをご利用のお客さまがAdobe AIRのバージョンをバージョン26へアップデートされると、アプリケーションが強制終了し、ご利用いただけなくなってしまう事象が発生しております。

現在最新版はバージョン28ですが、25じゃないと動かないのかなと思い、事前にAdobeサイトから25を落としてインストールしましたが、結果バージョン28でも問題なく動きました。 というか、サイトのインストールリンクから一式ダウンロードするとAdobe AIRのバージョン28のインストーラーも一緒にダウンロードされたので、25を事前にいれる必要は全くありませんでした。

インストールするとすぐに使うことができます。

f:id:ayapc:20171223085030p:plain

裏面のデザイン

今回は写真を2枚取り込んで、写真にフレームをつけて、絵柄と文字を入れてデザイン完了。 ここで困ったことをちょっと備忘として記載しておきます。

テンプレートを使うというボタンから年賀状テンプレートを選んで適用できるのですが、部品がほぼテンプレートで提供されているので、写真のフレームだけみたいな選び方ができませんでした。

テンプレートは何枚も重ねることができるので、テンプレートから写真のフレームだけトリミングしてフレームとして重ねて使いました。

テキストの編集でもちょっと苦戦。テキストを編集する際にはテキストエリアを選択すれば編集できるのかな、と直観的に操作しましたが、テキストエリアを選択しても文字は編集できません。画面右にある「テキスト」のタブを選択しないとテキスト編集できないのでご注意。

基本的なはがきの縦横設定とか、部品のグループ化などは問題なく使えました。

 

表面の準備

最後に宛名の準備!宛名関連で困ったこと。なんと連名が4人までしか記載できないのです。 今回出す先で2家族5人の家族がいたので、そこは止むを得ず手書きにすることに・・

 

郵便番号からの住所検索などはさすが日本郵便、全く問題なく使えました。

今後もおそらく毎年一回引っ張り出すであろうこのソフト、基本的なことはできますが、ちょこちょこ変更してほしい部分も。でも無料でこれだけ使えるのは嬉しいところです。

アップデートしてくれないかな。

yu-bin.jp

【スポンサードリンク】