新米ママ・アヤポコの雑記

【スポンサードリンク】

衆議院解散選挙:選挙にかかる費用は600億越え?!

衆議院が解散され、選挙カーが大きな音とともに凱旋する日々が始まりました。
選挙ってすっごくお金がかかるイメージあるけど、どのくらい使われているんだろう。
 
経費の推移 (単位:千円)

総選挙別 経費別

第42回 (平12.6)

第43回 (平15.11)

第44回 (平17.9)

第45回 (平21.8)

第46回 (平24.12)

第47回 (平26.12)

一般経費

公営費

47,567,448
25,281,020
72,848,468
49,503,431
24,124,331
73,627,762
49,886,306
24,705,099
74,591,405
43,731,425
22,826,620
66,558,045
43,207,436
25,967,860
69,175,296
36,545,626
25,147,725
61,693,351
統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103
 
統計資料を見てみると前回平成26年の選挙においては、617億程度の費用がかかっている。まぁ600億って言われてもあまりにも数字が大きすぎて多いのか少ないのか判断できない。 

f:id:ayapc:20171010233638j:plain

選挙公報発行費、ポスター掲示場費等選挙公営」にかかる費用が250億ちょっとという記載があって、半分以上は「投票所・開票所経費」と「期日前投票経費」。投票するだけで300億近くかかってるって計算になります。
確かに人件費もポスター作るのもハガキを出すのもお金がかかります。
調べていると投票用紙の備品の購入関連では投票日後に備品が納入されたなんて調査もあったり、実際にこの600億規模の予算のうちどれくらいが本当に必要な部分なんだろう・・
 
今回の衆議院解散選挙でもほぼ同じ規模の予算が使われるのではないでしょうか。
ちなみに今年度予算で同じ程度の600億円予算となるとこんな感じ。
 
公立学校施設整備(災害復旧費除く):690億
情報収集衛星の開発・運用推進:620億
保育園、認定こども園及び小規模保育事業所の施設整備等:564億
輸送機(C-2)の取得(3機):553億
 
こうやって並べてみてもやっぱり多いのか少ないのかわからない。結局場所代だったり人件費がコストに大きく響いてくるのであればこのIT全盛時代なんとかネット投票とかできないものなのかな。マイナンバーとか認証に使えないのかな。