新米ママ・アヤポコの雑記

【スポンサードリンク】

香港のお買い物ライフ「露店」が充実

香港の旅行で楽しみだったものの一つがお買い物!可愛い雑貨や小物がたくさん!というイメージでした。
実際にガイドブックに載っているようなメジャーなスポット以外にも、街を歩いていると骨董品を広げてるお店や洋服を売っているお店なんかがたくさん。
ベビー服も可愛いものがたくさんあってどれもこれも欲しかったけど、赤ちゃんの服はたくさんあるので断念。
お店ではアンパンマンドラえもんなど日本のキャラクターをあしらったものがたくさん。パンパースなんかも売っていました。
 

男人街と女人街売っているものオススメは

ガイドブックを見て、初めに行こうと思ったのが女人街と男人街。
ここが2大マーケットと呼ばれています。

f:id:ayapc:20171005213731j:plain

<女人街>
場所:旺角駅から降りてすぐの通華街
時間:15:00くらいから24:00
バッグやチャイナドレスなどをはじめとする洋服、茶器なども売っていました。
行ったのは22時くらいまだまだたくさん店が開いています。欲しかったお茶用のカップがあったので、値段を2店舗くらいリサーチしてからお買い物。最初にふっかけてくる価格もバラバラで1個120ドルとか100ドルとか。どこの国の市場も人見て値段決めてるのね。結局2つで70ドルで買えたので半額よりさらに安くなるのかも。
旺角駅からぶらぶら歩いて帰りは油麻地で地下鉄に乗りました。
 
<男人街>
場所:佐敦駅から降りたら柯士甸方面に行って鳥居のある通り
時間:17:00くらいから24:00
女人街と同じようなものも売っていましたが、こっちの方がバラエティ豊かで楽しい!7枚で100ドルなんてお土産Tシャツから、ルービックキューブや麻雀牌、ストラップや謎のおもちゃ。観光客がたくさん集って飲み食いしている店など活気溢れる通り。
こっちではHKTシャツを2枚45ドルで購入。ちびっこが着れるサイズを売っているところがなかなかなかったので、発見したところでは即決。パパとお揃いのお土産にしました。
 

旺角金魚マーケットが衝撃的

昼間もいけるマーケットで衝撃的だったのが金魚街。先ほどの女人街のすぐそばの通りにあります。
日本で金魚っていうとペットショップで水槽に入っているものか金魚すくいみたいな形状を思い浮かべますが、ここの金魚街では小さな袋に金魚が小分けにされて売っているんです。
しかも店舗が1つどころじゃなくてたくさん。香港の人は金魚や華や鳥を愛でるらしく、この辺りにはそんなマーケットが集まっています。現地の人は金魚なんかの小さな魚をたくさん買って帰っていました。
 
日本では露店っていうとお祭りの時くらいにしかお目にかかることができないけど、ここでは毎日たくさんの露店が開かれ、見てるだけでも楽しいマーケット観光ができます。
 
 

【スポンサードリンク】