新米ママ・アヤポコの雑記

【スポンサードリンク】

横浜駅の終わらない工事・2020年に完成する?!

ずーっとずーっと工事が終わらない横浜駅
日本のサグラダ・ファミリアとも揶揄される。なんでこんなに長くかかるのか、そしてどんどん使いづらくなっている・・・

横浜駅の工事はいつから?

1915年から工事が始まって、以来完成することなく次々と工事が続いているという。今が2017年だからなんとその期間102年!ちなみに本家サグラダ・ファミリアは1882年からということで33年先輩。
現在JR東日本が主幹で工事をしているのが(仮称)横浜駅西口駅ビル計画。計画書によると2020年に開業するらしい。
震災等の影響で当初33階建を計画していたものを見直して26階建に変更。
今も西口駅前ではずーっと工事が続いている。

 

 工事中の悪影響

大規模工事だからある程度は仕方ないのかもしれないけど、色々使いづらい不便な点が。

まず、東西自由通路からエスカレーターを上がってダイヤモンド地下街に続く道が極端に狭くなった。

そのうち狭くなくなったと思ったらJOINUS1階から屋内を通っての東西自由通路への移動ができなくなった。突如現れる行き止まりの壁に行く手を阻まれる。

そして東西自由通路から西口広場までのエスカレーターと階段の変更に連動して東横線の地下3階改札から1階までのエレベーターがなぜか地下1階までしか運転しなくなる。←New!!

ここでもエレベーターの連続性が激しく損なわれ、3階も乗り継ぎが必要になった。

  1. 地下5階から地下3階改札まで
  2. 地下3階改札から地下1階まで
  3. 東西自由通路を通行する人の波をベビーカーで横断して
  4. 地下1階から1階まで
2017年9月現在も壁に阻まれ続けエレベーターの乗り換えの苦行は続いている。
2020年になれば綺麗な駅ビルとともに人の流れがスムーズになった横浜駅に生まれ変わるのかな。あと3年が待ち遠しい。